おかげさまで創立50周年 福井県医師信用組合

金融円滑化管理方針

金融円滑化管理方針

当組合は、開業医や勤務医の先生方に必要な資金を安定的に供給し、地域医療の発展に貢献することを基本理念としている。今般の「中小企業等金融円滑化法」の制定を踏まえ、以下のとおり、金融円滑化管理方針を定め、これを遵守し、全役職員が一体となって取組むこととする。

1.金融円滑化管理の目的

金融円滑化管理は、金融円滑化管理態勢の整備・確立に向けて、当組合が適切なリスク管理の下、適切かつ積極的にリスクテイクを行い、金融仲介機能を発揮していくことにより、当組合の信頼の維持、業務の健全性及び適切性を確保することを目的とする。

2.金融円滑化管理態勢

(1) 理事、理事会の役割・責任

①理事長は、当組合の金融円滑化管理態勢を統括して、金融円滑化管理に係る基本的事項及び必要事項を組合内に周知する。

②理事会は、金融円滑化管理態勢の構築・推進のための基本的事項を定めた金融円滑化管理方針及び金融円滑化管理規程を策定するとともに、金融円滑化管理に関する重要事項を審議して、金融円滑化管理態勢を構築・推進する。

(2) 金融円滑化管理担当理事(常務理事)の役割・責任

①金融円滑化管理状況につき定期的に理事会へ報告する。

②理事会の議決に基づき、金融円滑化管理責任者に対する指揮・命令を通じて、金融円滑化管理態勢の整備及び充実・強化にあたる。

③金融円滑化管理のため、必要な情報収集をするとともに、金融円滑化管理責任者、金融円滑化管理担当者に対して、適時必要な指示をする。

④金融円滑化に関する申込み・相談・苦情(以下「相談等」という。)窓口の運用状況を管理する。

(3)金融円滑化管理責任者(融資担当者)の役割・責任

①金融円滑化管理に関する事項を一元的に管理・統括して、金融円滑化管理態勢の推進、充実・強化にあたる所管は金融円滑化管理責任者とする。

②金融円滑化管理規程の策定・見直し等金融円滑化管理態勢に係る基本的事項を立案する。

③研修等により金融円滑化管理の重要性及び遵守すべき法令、内部規程等を職員に周知させる。

④金融円滑化に関する相談等に対する検討・審査及び回答について、速やかな対応に努める。

⑤金融円滑化管理態勢上の問題点については、適時・適切に金融円滑化担当理事に報告する。

⑥法令等に基づく金融円滑化管理の状況に関する説明書類の開示及び監督当局に対する報告書類について保存・管理する。

(4)金融円滑化管理担当者の役割・責任

①金融円滑化管理責任者は、金融円滑化管理担当理事の指示に従って、金融円滑化管理担当者を置く。

②金融円滑化管理責任者の指示の下、連携して金融円滑化態勢を推進する。

③金融円滑化管理に関する法令等の遵守状況や金融円滑化管理態勢上の問題点を把握し、金融円滑化管理責任者に報告する。

(5)金融円滑化に関する相談等窓口の設置

①金融円滑化に関する相談窓口を設置する。

②金融円滑化に関する相談等窓口の担当者は、「金融円滑化に関する相談等管理簿」に、顧客からの相談等の内容を記録する。

3.中小企業等金融円滑化法に基づく開示及び当局への報告

中小企業等金融円滑化法に基づき、貸付条件の変更等の申込み、実行等の実施状況を半期毎に開示・報告する。

4.金融円滑化管理の実施

  1. 顧客に対する信用供与については、顧客の特性及びその事業の状況を勘案しつつ、できる限り柔軟に対応するよう努める。
  2. 顧客から事業資金や住宅資金に関する債務の弁済に係る条件変更等負担の軽減に関する申込み・相談があった場合には、顧客の財産及び収入等の状況を十分に踏まえたうえ、できる限り債務の弁済に係る変更等負担の軽減のため必要な措置を取るよう努める。
  3. 他の金融機関から借入を行っている顧客から、貸付条件の変更等負担の軽減に関する申込みがあった場合には、顧客の同意を前提に、守秘義務に留意しつつ、できる限り該当する他の金融機関と緊密な連携の下対応する。
  4. 顧客に対する経営相談・経営指導及び経営改善に向けた取組みへの支援については、経営改善を通じて当組合の信用リスク削減に資するものであることから、顧客に対する経営相談・経営指導及び経営改善に向けた取組みに努める。
  5. 顧客からの事業資金や住宅資金に関する債務の弁済に係る負担の軽減に関する申込みについて対応した場合には、顧客の経営状況の把握に努めるとともに、経営改善努力を行っている顧客に対して、継続的な経営改善支援に努めるとともに、経営状況に関する期中管理に努める。
  6. 顧客からの貸付条件変更等に関する申込み・相談に対し、迅速かつ誠実な対応に努めるとともに、その対応に際しては、顧客とのこれまでの取引関係や顧客の理解、経験、資産の状況等に応じた適切かつ丁寧な説明に努めることとする。また、顧客のライフサイクルにあわせた各種金融サービス情報の提供に努める。以上

 

期限到来後の取組方針

中小企業金融円滑化法の期限到来後の取組方針について

中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律(中小企業金融円滑化法)は、平成21年12月4日に施行され、平成25年3月末に期限を迎えましたが、当組合は、中小企業金融円滑化法の期限到来後も取組方針は変わりません。
これからもお客様に対して、貸付条件の変更等のご相談・お申込み等に迅速かつ適切に対応することができるよう、努めてまいります。

  • お客様からの新規融資や貸付条件の変更等のご相談・お申込みに対しては、お客様のご事情を十分に勘案し、迅速かつ真摯に対応いたします。
  • 貸付の条件変更等の申込みに際しては、関係する他の金融機関等と連携を図りながら、円滑な資金供給とお客様の経営改善に向けた取組みへの積極的な支援を実施いたします。
  • お客様の抱える問題や課題に対しては、お客様の立場に立ち最適な解決策のご提案が出来るよう、コンサルティング機能の発揮に努めます。
  • 同法の期限到来後の取組みについては、全役職員への周知を徹底し、当組合全体として金融の円滑化に取組みます。
福井県医師信用組合
電話番号:0776-21-3400 フリーダイヤル:0120-21-3439
(受付時間 9:00〜17:00 ただし、当組合の休業日を除く)